格安SIMのメリット、デメリット

キャリア携帯よりも月額料金をおさえることができるとして、昨今、注目を浴びているのが格安SIMです。

そんな魅力的な格安SIMですが、使用する前にはキャリア携帯と比べて、どんなメリットやデメリットがあるのかを知っておくことが大切です。
まず格安SIMのメリットは、なんといっても月額料金が安いということです。
相場としては通話機能込みで2000円前後、データ通信機能だけであれば1000円前後となっています。
キャリア携帯の月額料金相場が5000円から1万円程度であることを比べると、はるかに安価といえるでしょう。

またプランがシンプルというのも人によってはメリットといえます。
昨今、キャリア携帯のプランは複雑化しており、調べてもよく分からないということが多くなっていますが、格安SIMは基本的に通話機能とデータ通信、データ通信のみの二つのプランにデータ通信量が選べるという形と分かりやすくなっています。

SIMに関する問題解決をサポートいたします。

このように利用料金の節約やプラン選びの容易さが格安SIMのメリットといえますが、デメリットも少なからずあります。



まず一番のデメリットはサポートが受けにくいという点です。多くの場合、店舗を持たずにネットのみでサービス展開をしていますので、キャリアと比べて手厚いサポートは難しくなっていますのでトラブル時に不安がのこります。

次に通話を多く使うなら高額となってしまう可能性があることです。キャリアと比べてかけ放題などの無料通話プランが用意されていないことが多いため、通話をすればするほど料金があがってしまう可能性があるのです。

他にも通信速度が不安定なサービスも多いこともデメリットとして挙げられます。



こうしたメリット、デメリットの両方を知ったうえで、自分に合っているサービスかどうかを検討することが後悔しないために重要なのです。